2021年11月16日 (18:48)

土岐市内3高校の生徒が街頭啓発に協力【子ども・若者育成支援強調月間】

土岐市青少年育成市民会議
(会長=加藤淳司市長)は、内閣府が主唱する、
「子ども・若者育成支援強調月間」に合わせて、
JR土岐市駅前で、街頭啓発活動を行った。
01TN1_3758.jpg02TN1_3770.jpg03TN1_3776.jpg
内閣府は、毎年11月を、
子供・若者育成支援推進強調月間」と定め、
関係省庁や地方公共団体などと、
諸事業・諸活動を、集中的に実施している。
04TN1_3784.jpg05TN1_3805.jpg06TN1_3812.jpg
土岐市の街頭啓発活動には、
土岐商業高校からは生徒7人と教諭1人が、
土岐紅陵高校からは生徒4人と教諭1人が、
東濃フロンティア高校からは
生徒4人と教諭1人が、そのほか、
土岐保護区保護司会のメンバー10人、
土岐地区更生保護女性会のメンバー4人、
土岐市教育委員会の市職員ら、
計約40人が参加した。
07TN1_3813.jpg08TN1_3815.jpg09TN1_3818.jpg
活動前の開会式では、加藤淳司市長が、
「近年、子供や若者を取り巻く社会環境は、
大きく変わってきている。
連日のように、いじめや、
児童虐待のニュースが報道されている。
貧困問題のみならず、孤独や孤立といった問題も、
クローズアップされてきている。
また、インターネットを使った犯罪も多い。
本日の活動には、土岐市内3つの高校から、
生徒さんが参加してくれた。
高校生が、同世代に呼び掛けるというのは、
大変意義深く、効果が期待できる。
青少年への育成支援の重要性を、
市民の皆さんに認識してもらうため、
啓発活動に努めてほしい」と述べた。
10TN1_3820.jpg11TN1_3821.jpg12TN1_3823.jpg
啓発物品として、
マスク・ポケットティッシュのほか、
インターネットの正しい利用を呼び掛ける、
チラシとクリアファイルを袋にまとめ、
200人分を用意。
13TN1_3809.jpg14TN1_3825.jpg15TN1_3826.jpg
啓発活動に参加した高校生らは、
「青少年の健全育成にご協力ください」
などと呼び掛けながら、家路を急ぐ人たちに、
啓発グッズを手渡した。
16TN1_3817.jpg17TN1_3816.jpg18TN1_3792.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。