2021年11月17日 (13:38)

中京学院大学の江畑慎吾専任講師が瑞浪北中で「心の授業」

中京学院大学短期大学部保育科の専任講師で、
公認心理師・臨床心理士などの資格を持つ、
江畑慎吾さん(36歳・えばたしんご)による
「心の授業」が、瑞浪市立瑞浪北中学校
(土岐町・安藤雅哉校長)で行われた。
道徳の授業の一環として、1年生が受講した。
01TN1_3829.jpg02TN1_3846_2021111714355760a.jpg03TN1_3848.jpg
文部科学省は、自殺者に占める若者の割合が、
横ばい・増加傾向にあるとし、
スクールカウンセラーなどの協力を得ながら、
SOSの出し方に関する教育」(自殺予防)を、
推進するように通知を出した。
これを受けて、江畑慎吾さんは、
「教育プログラム」の開発に着手。
自身がスクールカウンセラーを務める、
瑞浪北中学校の協力を得て、
昨年度、令和2(2020)年度から、
開発した教育プログラムの効果検証を、
実際の教育現場で行っている。
04TN1_3851_2021111714355728e.jpg05TN1_3861.jpg06TN1_3862.jpg
江畑慎吾さんは最初に、自分への陰口を、
たまたま聞いてしまった主人公が、
友達に相談すべきか悩むという、
ドラマ仕立ての映像を見せ、
主人公の気持ちを考えさせた。
「人間なら、心配や不安になることは、
当たり前のこと」と述べ、
ストレスを受けた場合に起きる、
「体の反応」と「心の反応」を示した。
07TN1_3910.jpg08TN1_3875.jpg09TN1_3897_20211117143607012.jpg
また、心理学では、ストレスへの対処方法
「ストレスコーピング」を、2種類に分けるとし、
「中学生の皆さんは、好きなことをやる、
『気持ちを発散する方法』に注目しがちだが、
もう1つの方法、根本的に取り組むという、
『問題を解決する方法』にも注目してみよう。
例えば、テストや試験にストレスを感じた場合、
息抜きもたまには必要だが、そればかりだと、
いつまでたっても成績は上がらない。
逆に、勉強を頑張れば、テストや試験を、
ストレスに感じなくなるだろう。
つまり、この2つの方法を、
バランス良くすることが大事」と教えた。
10TN1_3904.jpg11TN1_3906.jpg12TN1_3917.jpg
最後に「中学生にもなると、悩みに対し、
自分1人で解決しようと、
頑張ることができるようになる。
これはこれで、とても素晴らしいことだが、
誰かの力を頼ることや人に相談してみることも、
忘れないでほしい」と訴えた。
13TN1_3912.jpg14TN1_3926.jpg15TN1_3886.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。