2021年11月18日 (17:02)

第71回「作文コンテスト」の入選者を表彰【土岐保護区保護司会】

土岐保護区保護司会(出口満知子会長)は、
第71回「社会を明るくする運動」作文コンテストの
土岐市内入選者の表彰式と発表会を、
土岐市文化プラザ・ルナホール
(土岐津町土岐口)で開いた。
01TN1_4220.jpg02TN1_4239.jpg03TN1_4224.jpg
「社会を明るくする運動」作文コンテストは、
法務省が主唱。
土岐市では、
小学校7校から計163点の作文が、
中学校5校から計68点の作文が集まり、
応募総数は231点だった。
04TN1_4233.jpg05TN1_4245.jpg06TN1_4237.jpg
土岐保護区保護司会と、
土岐地区更生保護女性会のメンバー計10人が、
9月上旬に作文を審査。
入選6点と佳作4点を選んだ。
なお、入選作品のうち、4点については、
県の審査会へ応募した。
07TN1_4329.jpg08TN1_4332.jpg09TN1_4324.jpg
表彰式には、保護司や校長、
入選者の保護者ら、約40人が出席。
出口満知子会長が、入選者1人ひとりに、
表彰状と副賞(図書カード)を手渡した後、
「土岐保護司会では、平成7(1995)年から、
小学校・中学校の協力を得て、
社会を明るくする運動の作文募集を行ってきた。
昨年は、新型コロナウイルス感染症の影響により、
コンテストを中止にした。
1年間のブランクの後、私たちは新鮮な気持ちで、
皆さんの作文を読ませていただいた。
応募作品の中には、大人へのメッセージや、
大人への思いが、たくさん記されていた。
私たちは、それらをしっかりと受け止め、
尊敬される大人にならなければならない。
大人も子供も一緒になって、安全・安心なまち、
支え合う地域にしていきたい」と述べた。
続いて、入選者による作品発表や、
講評・総評などが行われた。

入選は次の皆さん。
◎山下瑠菜(土岐津中学校1年生)
「日常を明るく!!」
01TN1_4262.jpg
◎田中梓巴(駄知中学校2年生)
「二千円」
02TN1_4272.jpg
◎福岡仁義(駄知中学校2年生)
「より良い社会には」
03TN1_4297.jpg
◎奥村弥央(下石小学校6年生)
「『話す』居場所をつくろう」
04TN1_4310.jpg
◎柴田有莉(駄知小学校6年生)
「全てを見てから」
(※修学旅行のため、本日は欠席)
◎白村想(肥田小学校6年生)
「災害時の人命救助を見て思ったこと」
(※修学旅行のため、本日は欠席)

佳作は次の皆さん。
◎的場麗太(濃南小学校6年生)
「だれもが立ち直れる社会」
◎井野元方(濃南中学校2年生)
「今だからこそ」
◎中根昇太朗(駄知中学校2年生)
「犯罪や非行のない明るい社会」
◎山田一輝(駄知中学校2年生)
「印象」
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。