2021年11月20日 (19:19)

スペース岳で「えと&温々展」【暖かな手作り品がずらり】

グループ展「えと&温々(ぬくぬく)展」が、
昨日、11月19日(金曜日)から、
ギャラリースペース岳
(土岐市妻木町)で始まった。
会期は12月12日(日曜日)まで。
01TN1_4685.jpg02TN1_4700.jpg
ギャラリースペース岳では毎年、
陶磁器を中心にした「干支(えと)展」を開催。
平成25(2013)年の展示をもって、
干支が一巡した。
平成26(2014)年からは、
手織り・手編みの作品を中心にした、
「温々展」(ぬくぬくてん)も始め、
干支展と合わせて、同時開催している。
03TN1_4730.jpg04TN1_4749.jpg
今年の「えと展」には、
有限会社ヤダ(土岐市下石町)、
山口正孝さん(土岐市泉町定林寺・ヒサミ陶苑)、
岸川俊子さん(愛知県春日井市)、
有賀正季さん(瑞浪市稲津町)、
加藤めい子さん(土岐市曽木町)、
村上洋子さん(多治見市笠原町)、
柴田光次郎さん(土岐市泉町)、
小野隆さん(土岐市肥田町)が出品。
浅井純子さん(愛知県瀬戸市)も出品する予定。
出品者は陶芸家や製陶所(窯元)の経営者らで、
来年の干支、寅(とら)年をテーマに、
陶製やガラス製の虎(トラ)の置物など、
計約130点を展示・販売している。
05TN1_4714.jpg06TN1_4716.jpg
一方、今年の「温々展」には、
林洋子さん(土岐市妻木町)、
岩田和子さん(多治見市昭栄町)、
森隆子さん(土岐市土岐津町)が出品。
手編みのセーターやベスト、帽子など、
計約70点を展示・販売している。
07TN1_4724.jpg08TN1_4705.jpg
これからの季節にピッタリの女性物が多く、
クリスマスのプレゼントとしても最適。
干支展も開かれているので、
正月の準備もできそうだ。
09TN1_4727.jpg10TN1_4695.jpg
土岐市妻木町391─4/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
11月25日(木曜日)・12月2日(木曜日)・
12月9日(木曜日)は定休日/
TEL0572─57─3360/
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。