2021年11月20日 (23:21)

中京学院大学でR3「市長と語る会」【新病院の負担割合を説明】

瑞浪市は、
「令和3(2021)年度~市長と語る会~
瑞浪市内の大学生との意見交換会」を、
中京学院大学の瑞浪キャンパス
(瑞浪市土岐町)で開いた。
01TN1_4756.jpg02TN1_4783.jpg03TN1_4773.jpg
04TN1_4803.jpg05TN1_4811.jpg06TN1_4818.jpg
中京学院大学の学生との「市長と語る会」は、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
昨年度、令和2(2020)年度は取りやめた。
本年度は、中京学院大学の全学部
(経営学部・看護学部・短期大学部保育科・
短期大学部健康栄養学科)から、13人が参加。
全員1年生で、うち看護学部の学生は、7人だった。
なお、中京学院大学では、今年から、
「市長と語る会」を、単位が取得できる授業にした。
07TN1_4820.jpg08TN1_4828.jpg09TN1_4831.jpg
10TN1_4835.jpg11TN1_4841.jpg12TN1_4843.jpg
今回は「東濃厚生病院と土岐市立総合病院の
再編について」をテーマに開催。
最初に、水野光二市長が、
両病院の統合・再編を決めた理由や経緯、
また、新病院の建設に向けた、
進捗(しんちょく)状況などを説明した。
13TN1_4848.jpg14TN1_4850.jpg15TN1_4856.jpg
16TN1_4867.jpg17TN1_4874.jpg18TN1_4880.jpg
新病院の建設費については、
「具体的な数字は、はっきり言えないが、
だいたい400床規模の病院を造るのに、
200億円ほど、かかると言われている。
当然、土岐市と瑞浪市だけで、賄うのは厳しい。
そこで国に対して、支援をお願いしたところ、
国からは『建設費の約40パーセントを、
支援しましょう』という返事をいただいた。
さらに、JA岐阜厚生連さんに対しても、
『国・土岐市・瑞浪市が造った病院の経営を、
一手に引き受けるというのは、ある面、
東濃厚生病院の建て替えにもなる』と話をした。
JA岐阜厚生連さんからは、
『48パーセントの資金を出しましょう』
とのことで、話が付いた。
つまり、国・県が40パーセント、
JA岐阜厚生連さんが48パーセントとなり、
残りは12パーセント。
この12パーセントを、土岐市と瑞浪市の人口割で、
負担することになり、新病院の負担割合については、
ほぼまとまった」と述べた。
web01-chukyogakuin2021-11-EPSON123.jpgweb02-chukyogakuin2021-11-EPSON124.jpg
意見交換会では、学生は全員、
質問・提案・要望などを発言。
中には「最初は病院の統合に、反対の考えでいたが、
市長さんの説明を聞いたことで、統合の必要性が、
よく理解できた」と話す学生もいた。
web03-chukyogakuin2021-11-EPSON125.jpgweb04-chukyogakuin2021-11-EPSON126.jpgweb05-chukyogakuin2021-11-EPSON127.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム




スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。








Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。