2021年11月30日 (12:12)

土岐市・多治見市・瀬戸市が合同火災防御訓練【ドローンも活用】

岐阜県土岐市・岐阜県多治見市・
愛知県瀬戸市の3つの消防本部による、
「合同火災防ぎょ訓練」が、
土岐市立濃南中学校のグラウンド
(鶴里町細野・旧濃南グラウンド)で行われた。
01TN1_6187.jpg02TN1_6204.jpg03TN1_6206.jpg
土岐市は、昭和41(1966)年4月に、
多治見市・旧笠原町と、
「消防相互応援協定」を締結。
瀬戸市とは、同様の協定を、
昭和58(1983)年1月に結んだほか、
平成18(2006)年9月1日には、
さらに詳細な「覚書」も交わしている。
これにより、瀬戸市に近い、
土岐市鶴里町柿野西部
(雨沢地区・坂下地区など)で、
火災が発生した場合は、119番通報と同時に、
瀬戸市が応援に来ることになっている。
04TN1_6214_20211130125210c13.jpg05TN1_6245.jpg06TN1_6256.jpg
林野火災を想定した、3市による合同訓練は、
平成26(2014)年11月に、初めて実施。
以後、開催地を持ち回りで、行っている。
07TN1_6267.jpg08TN1_6271.jpg09TN1_6275.jpg
本日の訓練は、土岐市消防本部が主催し、
多治見市消防本部と瀬戸市消防本部が、
協力するというもの。
本来なら、昨年、令和2(2020)年が、
土岐市の当番(開催地)になる予定だったが、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
今年に延期した。
10TN1_6287.jpg11TN1_6297.jpg12TN1_6301.jpg
訓練は、愛知県と岐阜県の県境付近で、
林野火災が発生したと想定。
発生場所を、土岐市内としたため、
土岐市消防本部が、現場の指揮を執った。
広範囲に延焼拡大する危険性があるとし、
多治見市消防本部と瀬戸市消防本部が、
応援に駆け付けた。
13TN1_6305.jpg14TN1_6311.jpg15TN1_6332.jpg
土岐市消防本部からは指揮車1台(4人)・
ポンプ車1台(3人)・水槽車1台(3人)が、
多治見市消防本部からはタンク車1台(4人)が、
瀬戸市消防本部からはタンク車1台(4人)が、
それぞれ出動。
サポートの市職員も含めると、約25人が参加した。
なお、訓練の様子を、濃南小学校と濃南中学校の
児童・生徒・教諭ら、計約120人が見学した。
16TN1_6360.jpg17TN1_6342_202111301254164cc.jpg18TN1_6366.jpg
3市の消防職員らは、緊密に連携し、放水。
土岐市の水槽車から、瀬戸市のタンク車を中継し、
多治見市のタンク車に捕水する訓練を行ったほか、
上空から、延焼状況を確認するため、
ドローン(小型無人機)を飛ばした。
指揮系統・情報共有は、
デジタル無線「統制波1」で行った。
訓練終了後には、検討会を開き、
問題点や改善点について、洗い出しをした。
19TN1_6352.jpg20TN1_6334.jpg21TN1_6348.jpg
指揮隊長を務めた、
土岐市南消防署の水野智文署長は、
「3市による合同訓練も、
回数を重ねてきており、当初に比べ、
連携が図れるようになってきた。
今後も『顔が見える関係』を維持していきたい。
市が違っても、消防職員の対応方法は、
基本的に同じだが、開催地が変わることで、
新鮮な気持ちで、訓練に取り組めている。
土岐市で開催した、前回との違いとして、
今回は、土岐市が所有するドローンを活用した。
林野火災の場合は、防災ヘリにも出動を頼むが、
必ずしも来てもらえるとは限らない。
自分たちだけで、延焼状況が確認できるので、
大きな戦力と言える」と語った。
22TN1_6375.jpg23TN1_6381.jpg24TN1_6398.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。