2021年12月03日 (13:03)

土岐LCが絵本273冊を17園に寄贈【佐分利文庫の贈呈も】

土岐ライオンズクラブ
(LC・田中宏明会長・会員38人)は、
土岐市内の幼稚園や保育園などに絵本を寄贈。
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)で、
贈呈式を開いた。
01TN1_7064.jpg02TN1_7066.jpg03TN1_7073.jpg
土岐ライオンズクラブは、平成19(2007)年から、
青少年育成・教育支援の一環として、
絵本の寄贈を続けており、今回で15回目。
今年は、私立園3園(保育園2園・こども園1園)と、
公立園14園(保育園6園・幼稚園6園・こども園2園)の
全17園に、「土岐ライオンズ文庫」として、
絵本273冊(32万円相当)を贈った。
今年の分も含め、これまでに、絵本4477冊
(520万円相当)を、寄贈したことになる。
04TN1_7086.jpg05TN1_7089.jpg06TN1_7097.jpg
贈呈式には、
土岐市役所の伊藤智治子育て支援課長、
土岐市立駄知小学校附属幼稚園の熊﨑克朗園長、
土岐市立久尻保育園の藤田佳代園長が出席。
07TN1_7103.jpg08TN1_7109.jpg09TN1_7110.jpg
土岐LCの田中宏明会長は、
「絵本には、さまざまな題材・内容がある。
絵本を見ることによって、
いろいろな世界を知ることができる。
絵本の寄贈は、これからも、
継続しなければならない事業。
寄贈した絵本を、子供たちの将来のために、
活用していただきたい」と述べた。
10TN1_7116.jpg11TN1_7122.jpg12TN1_7176.jpg
なお、平成25(2013)年からは、
土岐LCのメンバーが直接、園を訪問し、
園児への絵本の手渡しも行ってきたが、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
今年は取りやめた。
13TN1_7047.jpg14TN1_7051.jpg15TN1_7057_20211203144308d74.jpg
また、土岐LCの会員で、
土岐市社会福祉協議会の元会長、
佐分利錬尓さん(れんじ・86歳)は、個人的に、
土岐市内の児童館と児童センター(小型児童館)、
全5施設に、絵本87冊(10万円相当)を寄贈。
「佐分利文庫」の贈呈式も、合わせて行った。
佐分利文庫の寄贈は、平成25(2013)年からで、
今年の分も合わせると、絵本1737冊
(240万円相当)を贈ったことになる
(今年の寄贈で9回目)。
※妻木児童館は、今年の3月末で廃止(閉館)。
16TN1_7126_2021120314441936c.jpg17TN1_7129.jpg18TN1_7138.jpg
5施設の指定管理者を担っている、
土岐市社会福祉協議会から、
地域福祉課の鷲見政人課長補佐と、
児童館・児童センターの中川佳代館長
(5施設の総括館長)が出席。
佐分利錬尓さんが、鷲見政人課長補佐に、
目録を手渡した後、今度は中川佳代館長が、
子供たちからのお礼の手紙を、
佐分利錬尓さんに手渡した。
19TN1_7157.jpg20TN1_7161.jpg21TN1_7186.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム






Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。