2021年12月06日 (14:55)

三浦順三さんが自作の竹ぼうき50本を瑞浪市に寄贈【児童館や幼児園などに】

瑞浪市大湫町在住の三浦順三さん
(73歳・農業・みうらじゅんぞう)が、
竹ぼうき50本を制作。
瑞浪市に寄贈するため、瑞浪市役所を訪れ、
水野光二市長に手渡した。
01TN1_7668.jpg02TN1_7672.jpg03TN1_7683.jpg
籠(かご)や笊(ざる)など、
竹細工を趣味にする三浦順三さんは、
制作過程で出る不用な部分を活用し、
竹ぼうきにしている。
04TN1_7708_202112061806371ab.jpg05TN1_7713.jpg06TN1_7717.jpg
三浦順三さんは、
「竹細工に取り組みだしたのは、
64歳からで、68歳からは、
瑞浪市日吉町深沢地区の名人に教わっている。
竹は、大湫財産区の里山などから、
整備の一環として、切り出したもの。
竹ぼうきは、針金で縛るだけだが、
虫殺し・あく抜き・癖直しなど、
ほうきの材料にするまでが大変。
竹をきれいにそろえるまでに、4カ月はかかる。
持ちやすさや使いやすさにこり出すと、
時間を忘れてしまい、切りが無い。
現在は、学校に贈る分を制作中。
大切に使ってもらえれば、うれしい」と語った。
07TN1_7728.jpg08TN1_7725.jpg09TN1_7690.jpg
瑞浪市はもらった竹ぼうきを、市内の
児童館(10本×1カ所)・
公立幼児園(3本×8カ所)・
私立幼稚園・私立保育園(3本×4カ所)・
子育て支援センター(1本×4カ所)で、
利用する。
10TN1_7734.jpg11TN1_7740.jpg12TN1_7744.jpg
なお、三浦順三さんは、
瑞浪市長寿クラブ連合会の余技作品展に出品。
竹ぼうきは人気商品の1つ。
15DSC_3758.jpg20DSC_3746.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム







Amazonのアソシエイトとして、東濃ニュースは適格販売により収入を得ています。