2021年12月21日 (17:11)

恵那高校の4生徒が最優秀賞に【第65回岐阜県科学作品展】

岐阜県立恵那高等学校(恵那市大井町)の
理数科3年生4人が、共同研究により、
「第65回岐阜県児童生徒科学作品展」で、
最優秀賞に輝いた(うち2人が瑞浪市在住)。
瑞浪市役所を訪れ、水野光二市長と、
山田幸男教育長に、受賞報告をした。
01TN1_9070.jpg02TN1_9078.jpg03TN1_9083.jpg
受賞したのは、
鈴木結葉さん
(恵那市長島町・18歳・すずきゆうな)・
安藤光佳莉さん
(恵那市明智町・18歳・あんどうひかり)・
加藤沙彩さん
(瑞浪市陶町大川・18歳・かとうさあや)・
大竹宝良さん
(瑞浪市日吉町南垣外・17歳・おおたけたから)の4人。
作品名は「環境に適応して変化するハナノキ」。
ハナノキは、カエデ科カエデ属の落葉高木で、
環境省レッドリストでは、絶滅危惧Ⅱ類に選定されている。
04TN1_9088.jpg05TN1_9093.jpg06TN1_9103.jpg
07TN1_9106.jpg08TN1_9108.jpg09TN1_9110.jpg
受賞した生徒らは、おととしの8月に、
水環境の悪い校庭に植栽されているハナノキが、
異常落葉しているのを発見。
湿地を好むハナノキが、
水ストレスを受けているのではないかと考え、
水環境の良い場所で自生しているハナノキ
(瑞浪市日吉町地内)と、比較研究した。
10TN1_9113.jpg11TN1_9118.jpg12TN1_9119.jpg
研究では、植栽と天然の各枝を丁寧に採取し、
顕微鏡観察や画像解析などを実施。
課題研究の授業の時間だけでは足りず、
放課後なども活用しながら、
令和2(2020)年9月から、
令和3(2021)年7月まで、研究を続けた。
生徒らは、大きな水ストレスがかかると、
自身を守るため、異常落葉することを突き止めた。
そのため、ハナノキの健全な生育や保全には、
水分環境を整えることが不可欠と、結論づけた。
13TN1_9133.jpg14TN1_9121.jpg15TN1_9129.jpg
16TN1_9131.jpg17TN1_9137.jpg18TN1_9145.jpg
生徒らは「導管を測定する際、比較するため、
実験条件をそろえるのが、難しかった」とか、
「4人で取り組んだことで、同じ研究結果でも、
違う見方・異なる考察が生まれた。
自分では気付かないこともあり、
刺激し合いながら、共同研究ができた」などと語った。
19TN1_9150.jpg20TN1_9153.jpg21TN1_9163.jpg
なお、今回の作品展には、
高等学校・特別支援学校(高等部)から、
77作品の応募があり、恵那高校を含め、
3作品が最優秀賞に選ばれた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム