2021年12月23日 (09:48)

中山園芸がシクラメン500鉢を瑞浪市に寄贈【コロナ禍でも元気に】

株式会社中山園芸(本社=瑞浪市稲津町小里・
中山陽翠代表取締役社長)は、
自社で栽培したシクラメン500鉢
(50万円相当)を、瑞浪市に寄贈した。
贈呈式が、瑞浪市役所の西分庁舎前で開かれ、
中山陽翠社長が水野光二市長に手渡した。
01TN1_9239.jpg02TN1_9246.jpg03TN1_9249_20211223102505dbe.jpg
花壇苗の生産・販売業を営む中山園芸は、
昭和55(1980)年に創業。
平成29(2017)年9月1日に法人化した。
シクラメンのほか、パンジーやビオラ、
ペチュニアなど、約100品種・
年間130万ポットを生産している。
04TN1_9271.jpg05TN1_9263.jpg06TN1_9280.jpg
寄贈したシクラメンの多くは、
「パステル」という品種で、
5寸鉢(約15センチ)に入っている。
瑞浪市は、寄贈されたシクラメンを、
瑞浪市役所本庁舎をはじめ、
コミュニティーセンターや幼児園、
小・中学校、児童館などに飾る。
07TN1_9295.jpg08TN1_9304.jpg09TN1_9320.jpg
中山園芸の中山陽翠社長
(34歳・なかやまようすい)は、
「このシクラメンは、ここまで育つのに、
1年ほどかかる。
わたし1人ではなく、種をまく人・水をやる人・
植え込みをする人・手入れをする人など、
いろいろな人がかかわることで、
ここまで大きく育ち、たくさんの人の思いが、
きれいな花を咲かせる。
わたしは、瑞浪で生まれ、瑞浪で育った。
直接、育ててくれたのは両親だが、
瑞浪市民の皆さんにも、育ててもらったと思っている。
その感謝の気持ちを、微力ながら示したかった。
まだコロナ禍が続いているが、シクラメンを見て、
市民の皆さんが、少しでも元気になってもらえれば、
うれしい」と語った。
10TN1_9329.jpg11TN1_9344.jpg12TN1_9341.jpg
ちなみに、中山陽翠社長は、
イラストレーターの中山尚子さんの次男。
※下の写真は、平成28(2016)年の
瑞浪市農業祭の「過去記事」より。
13DSC_0283.jpg
このページへチップを贈る
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム