2021年12月25日 (19:56)

東濃中部病院事務組合が第2回市民ワークショップ【意見集約と対応説明】

東濃中部病院事務組合
(管理者=加藤淳司土岐市長)は、
土岐市立総合病院と東濃厚生病院を、
統合・再編する新病院について、
来年、令和4(2022)年4月末までに、
基本構想と基本計画を策定する。
01TN1_9766.jpg02TN1_9770.jpg03TN1_9784_202112252215411b5.jpg
04TN1_9792.jpg05TN1_9795.jpg06TN1_9798.jpg
基本構想の「素案」は公開しているが、
両市民(土岐市・瑞浪市)の意見を反映させるため、
「市民ワークショップ」を開催。
11月27日(土曜日)の第1回に引き続き、
本日、12月25日(土曜日)には、
土岐市文化プラザ・ルナホールで、
「東濃中部地域新病院
第2回市民ワークショップ」を開いた。
07TN1_9802.jpg08TN1_9808.jpg09TN1_9812_2021122522155175d.jpg
10TN1_9818.jpg11TN1_9821.jpg12TN1_9822.jpg
第2回市民ワークショップには、
東濃中部病院事務組合が、両市から選出した、
子育て・高齢者・地域福祉・経済の
各関係団体の代表のほか、公募による市民ら、
24人が参加した。
東濃中部病院事務組合の小木曽博久事務局長と、
基本構想・基本計画の策定支援事業者
(医業経営コンサルティング業)
アイテック株式会社」の社員が、
第1回で出た意見を集約し、発表。
各意見を、基本構想・基本計画に、
どのように反映・対応させるのか、説明した。
13TN1_9829.jpg14TN1_9833.jpg15TN1_9839_20211225221635342.jpg
16TN1_9842.jpg17TN1_9825.jpg18TN1_9845.jpg
参加者からは「産婦人科の設置について、
『努力する』とあるが、どのように努力するのか」、
「いっそ、新病院での産婦人科の設置は期待せず、
(産婦人科の)開業医の誘致活動に、
動いた方が良いのか」といった意見が出た。
19TN1_9851.jpg20TN1_9857.jpg21TN1_9861.jpg
22TN1_9869.jpg23TN1_9871.jpg24TN1_9878.jpg
また「今後、策定委員会において、
基本構想と基本計画の素案が、改案されると思うが、
策定委員会の案を確認するため、
市民ワークショップの3回目を、
開催することはできないか」といった要望も出た。
東濃中部病院事務組合は、
第3回の開催についての明言は避けたが、
「来年3月ごろに、策定委員会の案に対して、
パブリックコメントを実施する」と答えた。
25TN1_9884.jpg26TN1_9886.jpg27TN1_9899.jpg
28TN1_9907.jpg29TN1_9900.jpg30TN1_9890.jpg
新病院の開院目標は、令和7(2025)年4月。
web01-tonounion-EPSON179.jpgweb02-tonounion-EPSON178.jpgweb-workshop-2021-11-27-EPSON151.jpg
このページへチップを贈る
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム