2022年01月06日 (16:22)

中京高校のチアリーダー部が全国大会へ【土岐市在住の5選手が抱負】

中京高校(瑞浪市土岐町・和田尚校長)の
チアリーダー部が、全国大会
「Dance Drill Winter Cup 2022
第13回全国高等学校ダンスドリル冬季大会
《1月15日(土曜日)~16日(日曜日)開催・
武蔵野の森総合スポーツプラザ
(東京都調布市)》に出場する。
土岐市在住の5選手が、土岐市役所を訪れ、
山田恭正教育長に意気込みを語った。
01TN1_0922.jpg02TN1_0940.jpg03TN1_0946.jpg
04TN1_0953_20220106165344305.jpg05TN1_0958.jpg06TN1_0966.jpg
中京高校のチアリーダー部は、
昨年11月23日に開かれた東海予選大会の
「Song/pom部門 ラージ編成」に出場。
団体1位となり、岐阜県代表枠として、
全国大会への出場権をつかんだ。
全国大会には、2年生7人・
1年生15人の計22人で臨む。
07TN1_0969.jpg08TN1_0980.jpg09TN1_0990.jpg
10TN1_0992.jpg11TN1_0999.jpg12TN1_1002.jpg
本日の教育長表敬訪問には、
林さくら選手
(2年生・17歳・肥田町)・
虎澤空奈選手
(2年生・17歳・土岐津町・そな)・
林千尋選手
(1年生・16歳・泉神栄町・ちひろ)・
平井つかさ選手
(1年生・16歳・泉町大富)・
池﨑結子選手
(1年生・16歳・駄知町・ゆいこ)が来庁。
13TN1_1005.jpg14TN1_1021.jpg15TN1_1026.jpg
5選手は「ほとんどの選手が、チアの初心者で、
体が柔らかくない部員が多いが、全国大会では、
自分たちができる最高の演技を披露したい」とか、
「東海大会よりも、良い演技ができるように、
私たちの持ち前の笑顔と明るさで頑張ります」、
「全国大会では、いままで練習してきたことを、
すべて出し切りたい。
全力の笑顔で踊れるように、大会までの期間、
練習に励みたい」などと、抱負を述べた。
このページへチップを贈る
カテゴリ : 人物&団体記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページはこちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム